“香川フィーバー”健在! スペシャル動画をクラブが公開、イラストにファンの反応は…

ベジクタシュのMF香川真司【写真:(C)BesiktasJK】
ベジクタシュのMF香川真司【写真:(C)BesiktasJK】

オリジナルTシャツ作成も一部のファンは出来に不満!? 「あまり似ていない……かも」

 トルコの強豪ベジクタシュに移籍した香川は鮮烈デビューを飾り、地元サポーターの心をしっかりとつかんだ。トルコのサッカー熱は世界でも有名だが、ベジクタシュでの“香川フィーバー”はとどまるところを知らず、オリジナルTシャツ作成に伴い、クラブがスペシャル動画を公開。ファンからも反響を呼んでいる。

 今冬の移籍市場最終日となる1月31日に、ドルトムントからベジクタシュへの期限付き移籍が決まった香川。クラブは公式SNSに歓迎動画をアップし、本拠地イスタンブールのボスポラス海峡にちなんで「ボスポラスの侍」と命名した。デビュー戦となった第20節のアンタルヤスポル戦(6-2)で後半36分から出場すると、登場からわずか16秒で初ゴールを挙げるなど3分間で2ゴールを荒稼ぎする衝撃デビューを飾った。

 ホームデビューとなった9日の第21節ブルサスポル戦(2-0)は後半22分から出場。迎えた15日の第22節マラティアスポル戦(2-1)では後半17分に登場すると、アディショナルタイムにはポルトガル代表MFリカルド・クアレスマの右サイドからのクロスに合わせてヘディングシュート。惜しくも枠を捉えることができなかったが、3試合目でトルコ最長となる28分間プレーした。

 ベジクタシュは16日に公式インスタグラムに、「ボスポラスの侍」とメッセージを添えて一本の動画を投稿。「Shinji Kagawa」の文字とともに、刀で切ったように画面が斜めに割れると、香川のプレー写真が連続して表れ、最後に新たに販売される香川のオリジナルTシャツが日の丸の上に登場する内容となっている。

 香川フィーバーはとどまるところを知らず、ファンからも「スーパーシンジ」「キング」「君がこのシャツを着ればスタジアム全体が伝説になる」と歓喜の声が多数上がった。一方で、デフォルメされた香川のイラストには、「あまり似ていない……かも」「素敵なアイデアだが、もう少し正確性を……」といったコメントも少なからず見受けられた。

 次節のフェネルバフチェ戦は、トップ下のセルビア代表MFアデム・リャイッチが累積警告で出場停止。“イスタンブール・ダービー”で香川が移籍後初スタメンを飾る可能性が高まっており、フィーバーはもうしばらく続きそうだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】香川真司をDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング