原口元気、ハノーファー“10番”の使命感 「得点への意欲がもう一度戻ってきている」

ハノーファーで"10番"を背負うMF原口【写真:Getty Images】
ハノーファーで"10番"を背負うMF原口【写真:Getty Images】

ニュルンベルク戦に先発、リーグ戦10試合ぶりの勝利に貢献

 アジアカップの戦いから所属するハノーファーに戻った原口元気は、前節ニュルンベルク戦で早速スタメン出場を飾り2-0の勝利に大きく貢献した。それまでチームはホームで無得点の5連敗。調子が一向に上がらない状態を受け、首脳陣はアンドレ・ブライテンライター監督を解任せざるをえなかった。

 日本代表が昨夏、ロシア・ワールドカップ前の直前合宿でオーストリアに滞在していた間、ブライテンライターは原口に直接電話をかけ、移籍に向けて説得を繰り返し、そのなかで原口を左のオフェンシブな位置で起用するアイデアを明かした。

「ヘルタや日本代表でのポジションとは違い、左サイドでプレーしてもらおうと思っている。ゲンキ自身にもそうした思いがある。左から中へと切り込み、よりゴールへの危険な香りを出すことができるはずだ」

 だが、そうした目論見どおりにはいかなかった。原口自身新しいチームへの移籍ですぐにフィットしなかったこともあるが、やはりチームが思っていた以上に勝てなかったことが大きい。オフェンシブなことをどうこうする以前に、守備の安定に取り組まざるをえなかったからだ。3バックへの変更に伴い、原口のポジションは右のウイングバックとなった。

 多少はリズムも良くなった。勝てる試合も出てきた。しかし、第12節のボルシアMG戦に1-4で負けると、そこからまったく勝てなくなる。点が取れないだけではなく、チャンスを作ることもなかなかできない。サッカーは守備だけをしていて、なんとかなるものではない。リズムが必要だ。攻守に起点を作れないとボールを奪いに行くこともできず、積極性はどんどんなくなってきてしまう。

 原口はなんとかしようとしていた。第16節フライブルク戦(1-1)後には「もう強気でいかないといけない。チームが点取れなくて、上手くいっていないんで自分自身がリスクを負って。今日、何回かドリブルで(仕掛けて)取られたけど、これまで取られること自体が少なすぎた」と、積極的な姿勢の大切さを訴えていた。一人でできることは限られる。でも、誰も何もしなければ何も変わらない。 


page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング