PSGディ・マリア、マンU戦2アシストの活躍も… 暴言で次戦出場停止の可能性浮上

PSGのMFディ・マリア【写真:Getty Images】
PSGのMFディ・マリア【写真:Getty Images】

古巣戦で2アシストを見せ2-0勝利に貢献 得点シーンでサポーターに向かって暴言か

 パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは現地時間12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)に先発出場し、2アシストで勝利に貢献した。しかし、古巣戦の得点シーンで興奮したせいか、かつての本拠地オールド・トラッフォードのファンに向けて暴言を吐いたとして、出場停止の可能性が指摘されている。

 ディ・マリアは2014-15シーズンに1年間だけユナイテッドでプレー。かつての本拠地スタジアムに帰還し、ハイパフォーマンスを披露した。

 0-0で迎えた後半8分には右からのコーナーキックでキッカーを務め、フランス代表DFプレスネル・キンペンベのボレーシュートをお膳立て。さらに同15分には左サイドからグラウンダーのクロスをフランス代表FWキリアン・ムバッペの足元に送り届けた。

 2アシストで勝利の立役者となったディ・マリア。古巣ユナイテッドサポーターからブーイングが浴びせられ、ビールの瓶が投げ入れられるなど、手荒い洗礼を受けた。しかし、フランス「RMCスポーツ」は先制点のゴールをアシストした際に、ディ・マリアはスタンドのサポーターに向かって、Fワードや人種差別的な言葉を叫んだとされている。

 この行為によって、CLで1試合あるいはそれ以上の出場停止処分が下される可能性が指摘されている。アウェーで2点のリードを奪うなど大きなアドバンテージを得ているPSGだが、負傷中のブラジル代表FWネイマールらに続き、ディ・マリアも失う可能性が出てきたようだ。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング