PSGムバッペ、周囲の雑音かき消す“高速カウンター弾” 「恐怖を煽るのは止めるべき」

パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】

ネイマール、カバーニら不在も敵地でマンUに2-0快勝 CL8強へ大きく前進

 フランスリーグ王者パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間12日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のファーストレグでマンチェスター・ユナイテッドを2-0で撃破した。ブラジル代表FWネイマールやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ不在が心配されたなかでの快勝で、フランス代表FWキリアン・ムバッペは「恐怖を煽るのは止めるべき」と周囲の雑音をかき消した。

 PSGは後半8分にアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの右CKからフランス代表DFプレスネル・キンペンベが左足で合わせて先制。さらに同15分には左サイドを駆け上がったディ・マリアのグラウンダークロスを、高速スプリントでゴール前に駆け上がったムバッペが合わせて追加点を奪った。

 PSGが敵地オールド・トラッフォードで2-0と先勝。試合終盤にはユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが退場となるなど、第2戦に向けて大きなアドバンテージを手にした。

 ネイマールとカバーニ、ベルギー代表DFトーマス・ムニエといった主力が負傷欠場を強いられ、試合前には厳しい戦いになると予想されていたが、結果的にそれは杞憂に終わった。UEFA公式サイトでは、勝利の立役者の一人となったムバッペの、このようなコメントが報じられている。

「必要以上に恐怖を煽ったり、恐れたりするのを止めるべきだよ。もちろんネイマールはものすごく重要だし、カバーニも欠かせない選手だけど、フットボールはピッチに立った選手がプレーするんだ。僕らは今夜それを証明した。恐れることはない。僕らは素晴らしいチームだ」

 20歳の神童は、ネイマールらの欠場を補って余りある戦力がPSGにはあると主張していた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング