元チェルシーDFテリーが明かす”背番号26”へのこだわり 「ファンにお金を使って…」

「背番号26」がトレードマークだったジョン・テリー【写真:Getty Images】
「背番号26」がトレードマークだったジョン・テリー【写真:Getty Images】

26番を愛用した理由は…「新しいシャツを買うためにお金を使ってほしくなかった」

 チェルシーのレジェンドで、現在はアストン・ビラのアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏と言えば、現役時代に「背番号26」がトレードマークだった。なぜ、レギュラー番号ではない26番にこだわっていたのか。SNSでのQ&A企画でその理由を明かした。

 テリー氏はチェルシーの下部組織で育ち、トップチーム不動のレギュラーに名乗りを上げた生え抜きの象徴的選手だ。イングランド代表でも活躍したセンターバックは2017年にチェルシーを退団し、1年間アストン・ビラでプレーした後に現役を引退した。

 センターバックの選手と言えば、4番や5番など一桁の若い背番号を背負うことが多いが、テリー氏はチェルシーでもアストン・ビラでも一貫して26番を背負っていた。インスタグラムの質問企画で、あるファンから26番を着用していた理由を聞かれたテリー氏は、こう答えている。

「チェルシーのファーストチームに上がった時につけていたのがその番号(26)だったんだ。ファンの人が僕の名前と番号が入ったユニフォームを着ているのを見た。その彼らに、新しいシャツを買うためにお金を使ってほしくなかったんだ」

 チェルシーを愛し、チェルシーに愛された偉大なキャプテンは、26番のユニフォームに対しても、熱い思い持っていた。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング