ソン・フンミンは何が凄い? トットナム監督が「手本」と称する不可欠な存在たる所以

トットナムのFWソン・フンミン【写真:Getty Images】
トットナムのFWソン・フンミン【写真:Getty Images】

ニューカッスル戦で値千金の決勝弾 ソン・フンミンは「100%の力を出し切る」

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間2日、プレミアリーグ第25節ニューカッスル戦で決勝弾をマークし、1-0の勝利に貢献した。英紙「インディペンデント」は、韓国人アタッカーがトットナムにとって不可欠な存在である理由について触れている。

 3位のトットナムは勝ち点2差でマンチェスター・シティに迫っていて、前節にそのシティを撃破したニューカッスルとホームで激突。自陣に強固なブロックを敷くニューカッスルに得点を奪えない展開が続いたなか、後半38分にアジアカップから帰ってきたソン・フンミンが試合を動かした。

 右サイドからのロングフィードを元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテが胸で落とす。それを受けたソン・フンミンがペナルティーエリア手前でシュートフェイントを仕掛け、ワンタッチで相手をかわして力強く右足を振り抜き、ネットを揺らした。

 結果的にこの一撃が試合を通して唯一のゴールとなり、チームに貴重な勝ち点3をもたらした。韓国代表の一員としてアジアカップに参加していたソン・フンミンは、1月25日のアジアカップ準々決勝でカタールに0-1で敗れ、そのままトットナムへ合流していた。

 記事では、「ソン・フンミンは決してトットナムのスターではないだろう。ハリー・ケインほどの広範囲に及ぶ知名度はなく、デレ・アリほどメディアに密着されているわけでもない」と言及。そのうえで、第25節終了時点の今季リーグ戦で10ゴール6アシストの活躍を披露する韓国代表エースが、何よりも重要な要素を担っていることについてマウリシオ・ポチェッティーノ監督のコメントを紹介している。

「彼はハードワークし、常に押し上げ、決して諦めない。トライ、トライ、トライ、トライ、トライ、彼は続けるんだ。ボールのあるなしにかかわらず努力を惜しまない。彼には安定感があり、一貫している。それが最も重要なことだ。彼は絶えず動き続けるバッテリーを搭載していて、それを使い切るまで走り続ける。ボールがあろうとなかろうと、100パーセントの力を出し切る。彼は皆にとって非常に良い手本だ」

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング