日本の決勝戦黒星を韓国メディアが速報 「凄惨な結末」「森保Jの限界が明るみに…」

アジアカップ2大会ぶりの優勝を逃した森保ジャパン【写真:Getty Images】
アジアカップ2大会ぶりの優勝を逃した森保ジャパン【写真:Getty Images】

日本は韓国が8強で屈したカタールに1-3で敗れ、2大会ぶりの優勝はならず

 森保一監督率いる日本代表は、1日のアジアカップ決勝でカタールに1-3で敗れ、2大会ぶりの優勝を逃した。2022年のワールドカップ(W杯)開催国であるカタールの強さに屈する結果となったが、韓国メディアは「凄惨な結末」「日本の実利のサッカーは通用しなかった」と速報している。

 日本は準決勝イラン戦で負傷したMF遠藤航(シント=トロイデン)に代わり、DF塩谷司(アル・アイン)をボランチで先発起用し、カタール戦に挑んだ。しかし、序盤からカタールに主導権を握られ、前半12分にはFWアルモエズ・アリに圧巻のオーバーヘッド弾を決められて失点。同27分にはMFアブデルアジズ・ハティムの鮮烈なミドルシュートを被弾し、前半だけで2点のビハインドを背負った。

 日本も後半24分、MF南野拓実(ザルツブルク)が今大会初ゴールを挙げ、反撃の狼煙を上げたが、終盤にセットプレーのこぼれ球がDF吉田麻也(サウサンプトン)の手に当たり、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の末にPKを献上。これをFWアクラム・アフィフに沈められて万事休す。1-3で敗れて準優勝に終わった。

 カタールは今大会7試合で19得点1失点と圧倒的な強さを見せたが、準々決勝でカタールに0-1で敗れた韓国メディアも日本の敗戦に反応を見せた。

【PR】2018年の熱戦を振り返るJ1・J2・J3DAZNシーズンプレビューショーが面白い!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング