日本代表、2月1日決勝へ暗雲 イラン戦負傷のMF遠藤、DF酒井が試合翌日に病院で検査へ

(左から)日本代表MF遠藤、DF酒井【写真:田口有史】
(左から)日本代表MF遠藤、DF酒井【写真:田口有史】

イラン戦で負傷交代した遠藤、酒井も痛めて交代 2選手が決勝不在となれば大打撃

 森保一監督率いる日本代表は28日のアジアカップ準決勝イラン戦で3-0と快勝し、2月1日の決勝に進出した。しかし、MF遠藤航(シント=トロイデン)とDF酒井宏樹(マルセイユ)が翌日病院で検査を受けることになり、大一番に向けて暗雲が漂っている。

 試合では序盤から激しい攻防が続くなか、0-0で迎えた後半11分、MF南野拓実(ザルツブルク)のクロスから5試合ぶりに先発復帰のFW大迫勇也(ブレーメン)が先制弾。さらに同22分、南野のクロスが相手DFの手に当たりPKと判定され、これを大迫が沈めてリードを広げた。後半アディショナルタイムはMF原口元気(ハノーファー)がダメ押しの一撃を流し込んで、3-0と日本が勝利している。

 その一方で不安材料が生まれた。イラン戦の後半15分に左太もも裏を負傷した遠藤が緊急交代し、同28分に酒井も途中交代。酒井は相手のタックルを受けて右足首を痛めていた。2人はイラン戦翌日に病院で検査を受けるという。

 ここまで遠藤はボランチの一角で中盤を支え、酒井は右サイドバックとして貢献してきた。2人の症状は現時点で不明だが、決勝で不在となれば森保ジャパンにとって大打撃となる。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング