ユベントスFWモラタが止まらない CL5戦連続弾でスペイン人連続得点記録を樹立!

セビージャ戦前半41分に先制弾

 ユベントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で快挙を達成した。現地時間9月30日のCLグループステージ第2節セビージャ戦の前半41分に、イタリア代表DFアンドレア・バルザーリの上げたクロスをヘディングで決めてゴール。昨季から合わせてCL5戦連続ゴールとなり、スペイン人としてのCL連続得点記録を樹立した。
 試合開始から圧倒的に攻め込みながら、ゴールだけが奪えない時間が過ぎていたユベントス。今季リーグ戦で星を落としてきたパターンに嫌なムードも漂ったが、22歳の若きスペイン人ストライカーがその流れを断ち切った。オーバーラップしたバルザーリが山なりのボールをゴール前に供給すると、モラタは2人のDFと競り合いながらも頭一つ抜け出す高いジャンプを見せ、頭でボールをたたきつけた。地面で跳ねたボールはそのままサイドネットを揺らし、貴重な先制ゴールとなった。
 昨季は準決勝のレアル・マドリード戦のホーム、アウェーの両試合で古巣相手にゴールを決め、ユベントスを決勝の舞台に導いた。そのファイナルの舞台でも、バルセロナに対して一時同点に追いつくゴールを決め、ビッグイヤーへの道筋を照らし出した。そして、今季に入ってCL開幕節ではマンチェスター・シティを相手に決勝ゴール。そしてこの日は、昨季のUEFAヨーロッパリーグ王者のセビージャからと、強敵を相手にゴールを続けてきたことにも大きな価値がある。そのゴールパターンも、左右両足に頭と多彩なものだ。

page1 page2

トレンド

ランキング