「キーとなるバトルの完璧な事例」 アズムンvs冨安のマッチアップに海外メディア注目

海外メディアは冨安とアズムンの激しいマッチアップに注目している【写真:Getty Images】
海外メディアは冨安とアズムンの激しいマッチアップに注目している【写真:Getty Images】

白熱の展開のなか、冨安とアズムンの激しいマッチアップに注目

 日本代表は28日、アジアカップ準決勝でイラン代表と対戦。前半を0-0で折り返したなか、海外メディアは試合のキーポイントに20歳DF冨安健洋(シント=トロイデン)とイランのエースFWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)のマッチアップを挙げている。

 ロシア・ワールドカップでアジア勢唯一の決勝トーナメント進出を果たした日本、そしてFIFAランキング29位とアジア最高位を誇るイランという、“事実上の決勝戦”の様相を呈した一戦は、一進一退の手に汗握る展開となった。

 日本は周囲と連動してリズムを作るパスサッカーを見せると、イランはロングボールから一気にカウンターを狙う堅守速攻スタイルで対抗。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版公式ツイッターは「破壊的なストライカー vs 堅実なディフェンダー。イラン対日本は、最終的にはこのバトルがキーとなるだろう」と投稿し、アズムンと冨安のマッチアップに注目していた。

 すると、前半10分にカウンターでアズムンが裏に抜け出し日本陣地内でビッグチャンスを得るも、素早く詰め寄った冨安がクリアしてピンチの芽を摘んだ。このワンシーンに「キーとなるバトルの完璧な事例だ! しかし、冨安がアズムンの抜け出しを完璧に読み、ピンチからクリアし、一枚上手となった」と伝え、アズムンと冨安のマッチアップの場面を強調。このシーンでは冨安に軍配が上がったことを指摘している。

 その後もイランのロングボールに抜け出したアズムンに冨安が対峙し弾き出す展開が続き、同メディアの推測通り、アズムンと冨安が激しい火花を散らす展開となっている。日本は後半11分にMF南野拓実(ザルツブルク)のクロスからFW大迫勇也(ブレーメン)がヘディングシュートを叩き込んで先制。待望のリードを守れるか注目が集まる。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング