アジア杯4強の立役者、冨安をバルセロナ公式サイトが紹介 「“バルサのルーツ”を持つ選手」

その存在をバルサも把握、代表やクラブでの活躍が続けば…

 小学生年代らしい微笑ましいエピソードだが、この記事では「福岡校では現在、400人の選手がバルサのメソッドを学んでいる。また、バルサのメインスポンサーである楽天の支援を受けている日本のアカデミーには、計1300人の選手が集まっている」と、バルサと日本の結びつきを紹介している。

 バルセロナと日本をつなぐ存在としてピックアップされた冨安。その存在をクラブも把握しているということは――。代表やクラブでの活躍が続けば、誰もが驚くようなオファーを冨安が手にする日が来るのかもしれない。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング