ベトナム戦で決勝点の堂安、5戦連続で1点差勝利も冷静 「想定外のことは起きていない」

自ら得たPKを決めたMF堂安【写真:Yukihito Taguchi】
自ら得たPKを決めたMF堂安【写真:Yukihito Taguchi】

後半12分に自ら獲得したPKを決めて決勝点「入る気しかしなかった」

 森保一監督率いる日本代表は、24日のアジアカップ準々決勝でベトナムを1-0で下し、ベスト4に駒を進めた。殊勲のPKを決めたMF堂安律(フローニンゲン)は「(PKは)入る気しかしなかった」と自信を覗かせつつ、今大会は「すべて想定内で、想定外のことは起きていない」と振り返った。

 日本は前半24分、MF柴崎岳(フローニンゲン)の左CKにDF吉田麻也(サウサンプトン)が頭で合わせてゴールネットを揺らした。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が適用され、シュートが腕に当たったとしてノーゴール判定となった。

 0-0で迎えた後半8分、日本はMF原口元気(ハノーファー)のスルーパスを受けた堂安がペナルティーエリアで足をかけられて倒されるも、プレーは続行。しかし、その後、再びVARが適用されて日本にPKが与えられ、堂安がこれを冷静に決めて決勝点を挙げた。

「入る気しかしなかったので、自信満々で蹴りました」

 ベトナムGKダン・バン・ラムも反応していたが、決められるイメージしかなかったという。

 この日もベトナムに苦戦し、グループリーグ初戦から5試合連続で1点差勝利と肉薄した戦いが続いているが、初のアジアカップ出場となる堂安はすべて「想定内」だと語る。

「僕の中ではこの大会を通してすべて想定内で、想定外のことは起きていない。今日苦戦したのも想定内で、大勝したとしても想定内でやっているので特に驚きはないです」

 日本が2011年大会以来の優勝を果たすうえで、強心臓の20歳レフティーの活躍は今後も不可欠になりそうだ。

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング