「プレミア最高のGK10選」を英メディアが発表 現役引退発表の名手チェフは何位?

(左から)ファン・デル・サール、ペトル・チェフ、ピーター・シュマイケル、デイビッド・シーマン、デ・ヘア【写真:Getty Images】
(左から)ファン・デル・サール、ペトル・チェフ、ピーター・シュマイケル、デイビッド・シーマン、デ・ヘア【写真:Getty Images】

クリーンシートとセーブ数でプレミア記録を持つチェフは2位にランクイン

 アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフは現地時間15日、自身の公式ツイッターで今季限りでの現役引退を発表した。名守護神の引退は一時代の終わりを感じさせるが、英サッカー専門サイト「Squawka」は「プレミアリーグ歴代最高のGKトップ10」を発表。チェフが2位、栄えある1位にはデンマーク代表GKピーター・シュマイケルが選ばれた。

 昨季までチェルシーの正守護神としてチームに二つのリーグタイトルをもたらしたベルギー代表GKティボー・クルトワ(現レアル・マドリード/9位)や、100試合以上出場した選手のなかで最もクリーンシート率の高い数字を叩き出した元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(元リバプールほか/8位)、2003-04シーズンにアーセナルが無敗優勝を達成した時の守護神である元ドイツ代表GKイェンス・レーマン(7位)らが名を連ねるなかで、上位には素晴らしいGKたちが並んだ。

 5位は現在のマンチェスター・ユナイテッドで守護神を務めるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが選ばれた。現地時間13日のリーグ第22節トットナム戦(1-0)では後半だけで11回のセーブを披露するなど、今のプレミアナンバーワンGKの呼び声が高い。また4位には、ユナイテッドに4度のリーグ優勝をもたらしたオランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールが入っている。

 3位はポニーテール姿がトレードマークの元イングランド代表GKデイビッド・シーマンだ。ピッチ内では信じられないセービングを見せ、ピッチ外では“絶対的な紳士”だった男はアーセナルの2度のリーグ優勝に貢献し、140試合のクリーンシートを記録している。

 そして2位に入ったのが、今季限りでの現役引退を発表したチェフだ。クリーンシート数はプレミアナンバーワンとなる202試合を記録。また1005回というセービング数も歴代トップだ。元スペイン代表GKイケル・カシージャス(FCポルト)が「今まで見たなかで最高のGKの1人」と称賛したように、歴史に残るGKと言っていいだろう。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング