「自分にできることはやれた」 殊勲の塩谷、ボランチ起用&A代表初得点に手ごたえ

決勝ゴールを挙げたDF塩谷【写真:©AFC】
決勝ゴールを挙げたDF塩谷【写真:©AFC】

今大会初出場でボランチ起用 後半13分に豪快な左足シュートで勝ち越しゴールを奪う

 森保一監督率いる日本代表は、17日のアジアカップ・グループリーグ第3戦でウズベキスタンを2-1で下し、3連勝でグループ首位通過を決めた。相手に先制を許すなか、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)の同点弾に続き、値千金の決勝ゴールを決めたのはDF塩谷司(アル・アイン)だった。試合後、勝利の立役者は「自分にできることはやれたと思う」と振り返った。

 グループリーグ第2戦のオマーン戦(1-0)から先発10人を入れ替えた日本は、攻め込みながらもウズベキスタンのカウンターに苦しみ、前半40分には左サイドを崩されて先制点を許してしまった。

 しかしその3分後、日本は右サイドを突破したDF室屋成(FC東京)のクロスに武藤がゴール前に飛び込んでヘディング弾をお見舞い。同点としてリズムを取り戻し、1-1で迎えた後半13分だった。

 右からMF伊東純也(柏レイソル)が突破したことで得たコーナーキックの2次攻撃で、こぼれ球をゴール正面の約20メートルからボランチ起用の塩谷が強烈な左足ミドルを突き刺して勝ち越し。大会前にMF守田英正(川崎フロンターレ)が負傷離脱したことで招集され、会場となったアラブ首長国連邦(UAE)のアル・アインでプレーする男が輝きを放った。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング