露呈した“致命傷未遂”の決定力不足 英記者が日本のアジアカップ優勝に課した必須課題

2戦連続でスタメン出場を果たしたGK権田修一【写真:©AFC】
2戦連続でスタメン出場を果たしたGK権田修一【写真:©AFC】

少ないチャンスを仕留め、GKが安定したパフォーマンスを見せることは不可欠

 前半の45分間は、オマーン守護神ファイズ・アルルシェイディの存在さえなければ、日本は十分なアドバンテージを得てハーフタイムを迎えられたかもしれない。しかし、MF南野拓実(ザルツブルク)はアルルシェイディを前に、何度も最高のチャンスを逃した。よりレベルの高い対戦相手であれば、致命傷になった可能性さえある。南野はシュートスキルを向上させなければならない。

 原口は前半で最も目立ち、MF堂安律(フローニンゲン)も右からのカットインでオマーンの脅威に。両選手とも多くのチャンスを生み出した。FWラエド・サレフに倒された原口は、PKを自ら冷静に沈めてゴールを奪ったが、これは少々思いがけない展開だった。

 だが、それ以外では、GK権田修一(サガン鳥栖)が今一度、日本の守護神としてファーストチョイスではないことを露呈することに。前半20分、ほんの少しずれていればゴールマウスに吸い込まれたであろうシュートを、エリア内まで走り込んだFWムフセン・アルガッサニに打たせてしまった。

 日本がこのグループリーグで、強豪チームの一つと顔を合わせなかったのは幸運だった。しかし、より能力の高い選手を擁し、より畳み掛けてくるようなサウジアラビアやカタールが待ち構えるラウンド16では、チャンス逸やGKの緩みは許されない。日本はパフォーマンスを向上させることが必須である。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(マイケル・チャーチ/Michael Church)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング