「考えてみれば賢くやれたのかな…」 原口元気、試合後に生まれた“辛勝”への心の変化

決勝点となるPKを決めたMF原口(左)【写真:©AFC】
決勝点となるPKを決めたMF原口(左)【写真:©AFC】

前半26分に南野のシュートのこぼれ球に飛び込んでPKを獲得し、自ら決勝点をマーク

 日本代表MF原口元気(ハノーファー)は、13日のアジアカップ第2戦オマーン戦(1-0)の前半に決勝点となるPKを決めて勝利に導いた。試合直後のフラッシュインタビューでは内容の悪さに厳しい言葉も多かったが、試合終了から少し時間を置いたミックスゾーン(取材対応エリア)では「いろいろと考えれば最低限の結果は出しているし、難しい2試合を勝ち切れているのは良いかな」と、結果に対しての思いに少しの変化を見せた。

 原口は初戦のトルクメニスタン戦(3-2)に続いて左サイドハーフで先発すると、試合開始2分ではMF堂安律(フローニンゲン)のラストパスに合わせてクロスバーに当たる際どいシュートを放った。そして、前半26分はMF南野拓実(ザルツブルク)が放ったシュートのこぼれ球を拾ってペナルティーエリア内に進出したところを倒されてPKを獲得。これを自ら決め、最終的に決勝ゴールとなった。

 原口はPKについて「相手のGKが結構当たっていて、そこは嫌だと思ったので最後まで見ようかと迷ったけど、コースだけは気をつけて。読まれても良いように、少し強めに」と、ゴール左へ蹴り込んだ一撃を振り返った。

 試合直後には「このままじゃ決勝トーナメントでは勝てない」という厳しい言葉を残したが、失点しないことに軸足を置いた後半の戦い方を踏まえ、少し時間を置いて改めて試合を振り返ると違う印象も生まれたようだ。

「周りとも話して、もっと圧倒したいし、もっと良いゲームしたいしというのが終わってすぐにはあったけど、いろいろと考えれば最低限の結果は出しているし、難しい2試合を勝ち切れているのは良いかなと。後半は僕だけじゃなくて、チームとして縦に入れる回数も減った。でも、そのおかげでカウンターを受ける回数も減ったので、考えてみれば賢くやれたのかな」

【PR】DAZNではアニメ『GIANT KILLING』も好評配信中!Jリーグ開幕前に気分を盛り上げよう!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング