「イメージだけは…」 クラブW杯準優勝の塩谷、恩師が明かす意地のヘッド弾の舞台裏

アル・アインDF塩谷【写真:Getty Images】
アル・アインDF塩谷【写真:Getty Images】

大松SCの吉田コーチは“目の覚めるゴール”に驚き「ヘディングはあまり得意じゃない」

 UAE1部アル・アインの元日本代表DF塩谷司は、現地時間22日に行なわれたFIFAクラブワールドカップ決勝のレアル・マドリード戦(スペイン)でフル出場。1-4と欧州王者に力の差を見せつけられたなか、一矢報いるヘディングゴールを決めて意地を見せた。かつて指導した恩師も、「自分の教え子がレアルから得点する日がくるとは」と活躍を喜んだ。

 左サイドバック(SB)で先発した塩谷の前に、“銀河系軍団”のレアルが立ちはだかった。前半14分にクロアチア代表MFルカ・モドリッチが技ありの左足シュートでアル・アインのゴールをこじ開けられると、後半にセットプレーから2失点。試合時間も残り10分程度で3点のビハインドを突き付けられたが、逆に塩谷はリスクを覚悟で攻撃のギアを上げた。積極的に縦パスを狙い、自らもアタッキングサードに侵入。そして、後半41分に歴史的瞬間が訪れる。

 元鹿島アントラーズFWカイオの右サイドからのFKにペナルティーアーク付近から飛び込むと、頭でそらしたボールはふわりとした軌道を描いてゴール左隅へ。ロシア・ワールドカップ(W杯)で最優秀GKに輝いたベルギー代表GKティボー・クルトワの牙城を崩す、追撃のヘディング弾となった。

 塩谷が小学生時代に在籍した徳島の大松サッカー少年団(大松SC)で当時コーチを務め、現在はU-12チームを指導する吉田太治氏も、このゴールには「驚いた」という。

「レアル優勢で徐々にアル・アインが動けなくなっていくなか、目が覚めるようなゴールを決めてくれた。しかも相手はレアル。自分の教え子が、世界のレアルから得点する日が来るとは当時は思ってもいませんでした。ヘディングは昔からあまり得意じゃないですが、こう当てたらこう飛ぶだろなとイメージだけはきちんとしていたと思います」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング