マンU辞任のモウリーニョ監督の新天地は? 「次なる5つの行き先」を海外放送局予想

モウリーニョ監督は次の舞台としてどこを選ぶのだろうか【写真:Getty Images】
モウリーニョ監督は次の舞台としてどこを選ぶのだろうか【写真:Getty Images】

ドイツ王者バイエルンのほか、バレンシア、レアル、ポルトガル代表、インテルが浮上

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間18日、ジョゼ・モウリーニョ監督の辞任を発表した。“3年目のジンクス”にまたしても屈したポルトガル人指揮官だが、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、「モウリーニョ監督の次なる行き先」として5つのクラブを予想。古巣のレアル・マドリードやインテルの名前が挙がっている。

 12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節バレンシア戦(1-2)、そして16日のプレミアリーグ第17節週末に行われたリバプール戦(1-3)で敗戦を喫したユナイテッドは、モウリーニョ監督の辞任を表明。クラブの低迷を考えれば、事実上の解任となった。

 これまで数多くのタイトルを獲得してきたモウリーニョ監督はフリーになったわけだが、気になるのは次なる指揮の場だろう。「FOXスポーツ」アジア版は、新天地候補として5つのクラブを紹介している。

 まずはブンデスリーガでなかなか調子が上がらないバイエルンだ。今季からニコ・コバチ監督が就任したが、現在は首位ドルトムントと勝ち点差9で3位。CLでは決勝トーナメント1回戦でリバプールと対戦することが決まっており、もし敗退となればコバチ監督の進退に関わるとされている。また、現マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が率いていた過去もポイントの一つ。記事では、モウリーニョ監督にとってはその記録を超えるというモチベーションになるだろうと伝えている。

 バレンシアやポルトガル代表監督、古巣レアル・マドリードと続き、最後に取り上げられているのがセリエAのインテルだ。

 2008~10年に指揮を執った際にはセリエAとCL、コッパイタリアの三冠を達成。2年間で5つのタイトル獲得に貢献した。ルチアーノ・スパレッティ監督率いる現チームは、CLグループステージ敗退が決定。リーグ戦でも首位ユベントスに大きく離されており、結果を残せていない。同局はそういった背景を踏まえ、インテルの可能性があると見ているようだ。

 古巣を含めて数々のビッグクラブの名前が挙がるなか、モウリーニョ監督は次の舞台としてどこを選ぶのだろうか。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング