カイオ&塩谷、鹿島と“史上初アジア勢決勝”熱望 「鹿島とやりたい」「僕からしたら贅沢」

(左から)アル・アインDF塩谷、FWカイオ【写真:Getty Images】
(左から)アル・アインDF塩谷、FWカイオ【写真:Getty Images】

リーベルプレート戦で2失点、塩谷が言及「対応の難しさは一つ勉強になった」

 UAEで12日に開幕したFIFAクラブワールドカップ(W杯)は18日に準決勝第1試合が行われ、開幕戦(プレーオフ)から勝ち上がってきた開催国代表アル・アインが南米王者リーベルプレートと対戦した(2-2/5PK4)。

 CKからスウェーデン代表FWベリが押し込み、アル・アインが幸先良くゴールを奪ったが、リーベルは右サイドを起点とした攻撃で2ゴールと逆転。追う立場となったアル・アインはベリが前線で粘ったところから、エジプト代表FWシャハトがゴールネットを揺らすもVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でオフサイドと判定され同点ゴールは認められなかった。

 しかし、後半6分に元鹿島アントラーズFWカイオが元日本代表DF塩谷司と効果的なパス交換で左サイドからペナルティーエリア内に侵入すると、マーカーを鋭くかわして右足を一閃。ゴール左にシュートを突き刺した。そこからカイオやシャハトの仕掛けから逆転ゴールを狙うアル・アインだが、結局どちらも勝ち越しゴールを奪えずにPK戦へ突入した。

 アル・アインはカイオが最初のキッカーを務めて冷静に決めると、塩谷も続いた。一方のリーベルもUAE代表GKエイサが反応する方向と逆に蹴れていたが、5人目のシュートをエイサが止め、アル・アインに歓喜の瞬間が訪れた。

「ホームというのは違うのかな。独特の雰囲気。アウェーのサポーターもたくさん来てますけど、やっぱりサポーターの力は大きかった」と塩谷は振り返る。2つの失点はカイトと塩谷が務める左サイドからだった。

「ミーティングと練習で確認したんですけど、前半上手くいかなくて、でもこのレベルになるとそういうところから決められるので。2点目はちょっとミスからだったりしましたけど、ああいうところを突いてくる。ああいうところの対応の難しさは一つ勉強になった」(塩谷)

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング