今冬注目株の堂安、ニューカッスルが獲得に本腰 地元紙記者が主張「視察を徹底した」

フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】
フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】

フローニンゲンと日本代表での活躍で国内外の強豪クラブから熱視線を送られる存在に

 フローニンゲンの日本代表MF堂安律は、その活躍ぶりから欧州5大リーグへの移籍が取り沙汰されている。新たに浮上しているのが、プレミアリーグのニューカッスルだ。英地元紙「クロニクル」が、「ニューカッスルが今冬の移籍市場を前に、ワクワクさせる日本代表リツ・ドウアンを注視している」と大きく報じている。

 堂安は昨夏にガンバ大阪からフローニンゲンに期限付き移籍すると、加入1年目からリーグ戦29試合で9ゴール4アシストをマーク。完全移籍した今季からは新たに背番号「7」を託され、ここまでリーグ戦15試合で4ゴール2アシストと存在感を放っている。

 今年は待望の日本代表デビューも果たし、10月16日のウルグアイ戦(4-3)ではA代表初ゴールもマーク。フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が新設した21歳以下を対象とする最優秀若手選手「コパ・トロフィー」では最終候補10人に選出されるなど、世界的な知名度も高まっている。

 オランダ国内ではアヤックスやPSV、その他にもマンチェスター・シティやアトレチコ・マドリード、ユベントス、ドルトムントなど数多くのビッグクラブから関心が寄せられ、今冬の移籍市場の注目株の一人と目される堂安。記事では「ニューカッスルはワイドのオプションを強化することを熱望しており、ドウアンは両サイドでプレーすることができる」と、ニューカッスルが熱視線を送っていることに言及。「同様に興味を抱くシティが獲得に乗り出した場合は、彼らと同じ額を提示することはできないだろう」とも指摘している。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング