鎌田大地、華麗なタッチで今季10点目! ベルギーメディア称賛、相手GKも「翻弄した」

シント=トロイデンのMF鎌田大地のゴール量産ペースが止まらない【写真:©STVV】
シント=トロイデンのMF鎌田大地のゴール量産ペースが止まらない【写真:©STVV】

スタンダール戦で先制点、得点ランキングでも暫定2位タイに浮上

 森保一監督率いる日本代表の“ジョーカー”と期待されるシント=トロイデンのMF鎌田大地の、ゴール量産ペースが止まらない。現地時間8日のベルギー1部リーグ第18節スタンダール・リエージュ戦に、日本代表DF冨安健洋とともにスタメン出場。強豪相手に先制ゴールを決め、この活躍ぶりは同国の公共放送「RTBF」でも報じられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 国内屈指の強豪として知られるスタンダール戦。リーグ戦4連勝中ながらシント=トロイデンの苦戦が予想されたなか、それを打ち破ったのが鎌田だった。前半45分、左サイドからのパスを右足を伸ばして受けた鎌田は、ファーストタッチで相手マーカーを置き去りにすると、そこからスムーズにペナルティーエリア内に侵入して相手GKと1対1に。前に飛び出してきたメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアも落ち着いてかわす余裕を見せ、ゴールへと流し込んだ。

 試合はその後スタンダールが同点ゴールを挙げて1-1のドローに終わったものの、同局も鎌田の活躍について取り上げている。「前半アディショナルタイムに先制点を決めた日本人のダイチ・カマダは、今季の10ゴール目を決めた」と記すとともに、ゴールシーンについても詳細に振り返っている。

「無人のゴールにボールを流し込むために、DFジーニョ・ファンフースデン、DFコンスタンティノス・ライフィス、そしてオチョアも翻弄した。フランクフルトから期限付き移籍している男の10ゴール目だ!」

 鎌田は10月、11月とそれぞれ3試合連続ゴールをマークするなど、コンスタントにゴールを奪っている。そして早くも10ゴール目をマークしたことで、得点ランキングでも暫定で2位タイに浮上。森保監督も注目しているという鎌田の活躍ぶりが続けば、来年1月のアジアカップ23人枠入りも十分あり得そうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド