最大の増減幅は? 2018年Jリーグ全57チーム「1試合平均観客数・前年比ランキング」

各チームの観客動員数は前年に比べてどの程度増減したのか【写真:Getty Images & 荒川祐史】
各チームの観客動員数は前年に比べてどの程度増減したのか【写真:Getty Images & 荒川祐史】

7000人超のマイナスとなった新潟、J1勢では横浜FM、C大阪、鹿島も大幅減

 2018年のJ1リーグからJ3リーグがそれぞれ最終節を終えたなか、Jリーグ公式サイトでは今季参戦した全57チームのホームゲームにおける「1試合平均観客動員数」を発表した。今回は2017年シーズンのデータと比較し、各チームの観客動員数の増減幅を基に「1試合平均観客動員数・前年比アップダウン」としてランキング化。前年に比べてどの程度増減したのか。各チームの詳細を見ていく。

【参考図表】2018年J1リーグ最終順位表【画像:Football ZONE web】
【参考図表】2018年J1リーグ最終順位表【画像:Football ZONE web】

■2018年Jリーグ「1試合平均観客動員数・前年比アップダウン」 
57位~41位

57位:-7,121人 J2 新潟 【18年:14,913人←17年:22,034人/J1】
56位:-3,458人 J2 甲府 【18年:7,384人←17年:10,842人/J1】
55位:-2,978人 J1 横浜FM 【18年:21,788人←17年:24,766人】
54位:-2,159人 J1 C大阪 【18年:18,811人←17年:20,970人】
53位:-1,606人 J2 千葉 【18年:9,858人←17年:11,464人】
52位:-1,438人 J3 北九州 【18年:4,501人←17年:5,939人】
51位:-1,288人 J2 熊本 【18年:5,269人←17年:6,557人】
50位:-1,085人 J2 京都 【18年:5,663人←17年:6,748人】
49位:-1,033人 J1 鹿島 【18年:19,434人←17年:20,467人】
48位:-872人 J2 岡山 【18年:8,599人←17年:9,471人】
47位:-847人 J1 磐田 【18年:15,474人←17年:16,321人】
46位:-792人 J1 G大阪 【18年:23,485人←17年:24,277人】
45位:-759人 J2 大宮 【18年:9,224人←17年:9,983人】
44位:-732人 J2 讃岐 【18年:3,073人←17年:3,805人】
43位:-705人 J2 愛媛 【18年:3,161人←17年:3,866人】
42位:-702人 J3 長野 【18年:3,554人←17年:4,256人】
41位:-677人 J2 福岡 【18年:8,873人←17年:9,550人】

 全57チーム中、最も減少したのがJ2に降格したアルビレックス新潟だ。J1を舞台に戦った昨季から一転、1試合あたり7000人超のマイナスとなった。同じくJ2に降格したヴァンフォーレ甲府が3458人減で続くが、両チームの差は3663人となっており、新潟の数値が一層際立っている。

 下位10チーム中、J1勢が3チームを占める結果となった。55位の横浜F・マリノスは今季、アンジェ・ポステコグルー新監督の下でポゼッションサッカーを披露し、攻撃的なスタイルで注目を集めたが、観客数の減少はJ1勢最多。その他ではセレッソ大阪、AFCチャンピオンズリーグで優勝した鹿島アントラーズも全体から見れば大幅なマイナスとなっている。

 J3勢最下位は1438人減のギラヴァンツ北九州となったが、今季の1試合平均観客数は4501人でリーグ最多。J3において相対的にその集客力が際立ったものの、チームにおける絶対数の底上げが上手く図れなかったと言える。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング