後半AT15分から衝撃の乱闘騒動 清水ベテランFWが判定に言及「審判も学んだと思う」

清水FW鄭大世【写真:Getty Images】
清水FW鄭大世【写真:Getty Images】

「難しい判断にはなってくるとは思う」と審判に理解を示すも…判定に言及

 24日、J1第33節で清水エスパルスとヴィッセル神戸が対戦し、3-3で迎えた後半アディショナルタイム15分に両軍が入り乱れる乱闘騒動が勃発し、その後に神戸FWウェリントンが清水GK六反勇治を投げ飛ばす衝撃行動などで会場は騒然となった。試合後、後半途中から出場した清水の元北朝鮮代表FW鄭大世が審判の判定について語った。

 試合は打ち合いの様相を呈した。前半26分、MFアンドレス・イニエスタの華麗なループパスからMF藤田直之が決めて神戸が先制。同39分にMF河井陽介のゴールで清水が追いつくも、後半7分にFW古橋亨梧、同17分にMF三田啓貴と連続ゴールが生まれて神戸が3-1とリードした。劣勢の清水だったが、終了間際の同42分にFWドウグラスが1点を返すと、アディショナルタイム14分にはCKで攻撃参加した清水のGK六反が渾身のヘディングシュートで同点ゴールを決めた。

 ところがアディショナルタイム15分、清水MF石毛秀樹に対して神戸FWウェリントンが体を激しくぶつけるタックルをお見舞いし、直後に相手ベンチとの言い合いをきっかけに両軍が入り乱れる乱闘騒動に発展した。事態は一度収束したが、直後に退場処分を言い渡されたウェリントンが判定に激高。仲裁に入った六反を投げ飛ばし、スタジアムは再び騒然とした雰囲気に包まれた。

 試合はそのまま3-3で終了したが、清水のFW鄭大世は「レフェリーにとって、とてもアンラッキーだった試合だし、難しい判断にはなってくるとは思う」と擁護しながらも、この日の判定に触れている。

「しかし、アフターが遅かったり、ボールを見ずにアタックするなど、そういった部分の最初の段階でそういうのをきっちり取っておかなければ、こういった状況になってしまうっていうのも、審判も学んだと思う」

 一つひとつの判定の積み重ねが、終了間際の乱闘騒動に影響したと主張する鄭大世。清水にとっては今季ホーム最終戦だっただけに、34歳のストライカーは試合の終わり方に思うところがあったようだ。

※鄭大世選手の説明を受けて、当初の記事タイトルにあった「苦言」を「言及」に変更しました。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング