堂安律は「ライジングスター」 エールディビジ公式も“至宝”に注目「2年後には…」

フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】
フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】

「小野伸二の域に近づいている」という専門家の意見に同調&フェイエノールト戦に期待

 フローニンゲンの日本代表MF堂安律は、オランダで研鑽を積み、目覚ましい飛躍を遂げている。20歳のレフティーに対する世界的な評価は高まり、海外識者が元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)の域に近づいていると話すほどだが、エールディビジ公式サイトも「ドウアンは日本のライジングスター」と熱視線を送っている。

 堂安はオランダ挑戦1年目の昨季、いきなりリーグ戦29試合で9得点4アシストの好成績をマーク。2年目の今季も開幕戦で新シーズンのチーム第1号となる得点を奪い、日本代表にも初選出。9月のコスタリカ戦(3-0)でA代表デビューを飾ると、10月のウルグアイ戦(4-3)では初ゴールを挙げるなど、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)、MF南野拓実(ザルツブルク)とともに“魅惑の2列目”を形成している。

 瞬く間に日本代表で地位を築いている堂安だが、その影響力はプレーするオランダでも高まっているという。オランダ紙「デ・テレグラフ」で、スポーツマーケターのエドワード・リッカート・デ・コエ氏が「ドウアンは母国で、すでにスターだ。期待通りの成長で、その影響力もシンジ・オノの域に近づいていると思う」と語っていたが、日々身を投じているエールディビジの公式サイトも堂安を紹介している。

「ドウアンは日本のライジングスター」

 記事では、前述のデ・コエ氏が「フェイエノールトと2002年の(日韓)ワールドカップの関係と比較できるだろう。堂安は東京五輪を前に今、ブレイクしている。全世界の人々が訪れる2年後にはさらに大きな注目を集め、フローニンゲンはその波に乗れる」というコメントを紹介。11月のインターナショナルウィーク後初戦となる25日のリーグ第13節が、かつて小野が所属したフェイエノールトとの対戦であることにも触れている。

 日本にとってだけでなく、オランダにとっても堂安は“至宝”と呼べる存在になっていると言えそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング