コウチーニョ獲得の因縁? バルサ、リバプールから2年間の“引き抜き禁止条項”が発覚

バルサのMFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】
バルサのMFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

リバプールが同意しない限り、2017-18シーズンから3年間はバルサ移籍を認めない状況

 ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは、バルセロナの破壊的な攻撃力を形成するキープレーヤーとして今や欠かせぬ存在となった。しかし、そのコウチーニョ獲得を巡って綱引きをしたリバプールとの関係性は芳しくない模様だ。スペイン紙「AS」が地元ラジオ局「カデナ・セール」が伝えた情報として、コウチーニョ移籍の際に“リバプールからの引き抜き禁止”条項が付加されていたとしている。

 コウチーニョは2018年1月にリバプールからバルサへの加入にサイン。1億6000万ユーロ(約206億円)もの巨大な移籍金でバルサの一員となり、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスらと抜群の連係を発揮している。

 ただしユルゲン・クロップ監督率いるリバプールとしてみれば、シーズン途中の引き抜きは到底許容できるものではなかった。特にコウチーニョは当時リバプールで絶対的な存在として君臨しており、リバプールは陣容の再編成を余儀なくされた。

 それだけに両クラブ間での移籍交渉は長期戦となったわけだが、契約条項の一つに“3年間の引き抜き禁止”というものが設けられた。もしリバプール側が移籍に同意しない限り、コウチーニョ移籍後3シーズンは移籍加入を認めないというものだ。2017-18シーズン後の夏の移籍市場はすでに終了したものの、まだ残り2年間はリバプール側は徹底抗戦することになる。

 世界中にネットワークを張り巡らすバルサとはいえ、その有力先であるリバプールから拒絶されるとなると、今後の補強戦略にも影を落とすかもしれない。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング