レバークーゼン19歳MF、代表の先輩キミッヒから間接勧誘 「バイエルンにフィットする」

(左から)レバークーゼンMFハヴェルツ、バイエルン・ミュンヘンDFキミッヒ【写真:Getty Images】
(左から)レバークーゼンMFハヴェルツ、バイエルン・ミュンヘンDFキミッヒ【写真:Getty Images】

ロシア戦でコンビを組んだハヴェルツをマン・オブ・ザ・マッチに独自選出

 ドイツは現地時間15日の国際親善試合ロシア戦で3-0と完勝した。この試合で1アシストをマークしたレバークーゼンの19歳MFカイ・ハヴェルツに対し、DFジョシュア・キミッヒが自身の所属するバイエルンに“勧誘”するような発言を残して注目を集めている。ドイツ誌「キッカー」が伝えた。

 ドイツは前半8分にMFレロイ・ザネのゴールで先制に成功。その後、同25分にCKのチャンスから最後はDFニクラス・ズーレが加点すると、同40分にハヴェルツのスルーパスをMFセルジュ・ニャブリが押し込み、前半で3-0と試合を決めた。

 代表ではMFを務めるキミッヒは試合後、「誰がマン・オブ・ザ・マッチにふさわしいか」と問われると、即座に「カイ・ハヴェルツは素晴らしい試合をしたよね」とコメント。ともに中盤を形成した19歳のハヴェルツを称賛した。

 ハヴェルツはレバークーゼンと2022年まで契約を結んでいるが、キミッヒは「僕が彼を買うことなんてできないけど、カイはバイエルンにフィットする選手だと思うよ」と、スター軍団バイエルンでも上手くやっていけると太鼓判。レバークーゼンの若武者を間接的に“勧誘”した。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング