「劇的なクリアで逃れた」 韓国メディア、日本代表が凌いだ“大ピンチ”に注目

日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】
日本代表DF冨安健洋【写真:Getty Images】

前半11分にバックパスからの危機をDF冨安が間一髪でクリア

 森保一監督率いる日本代表は16日、国際親善試合でベネズエラ代表と対戦し、1-1と引き分けた。新体制4連勝は逃したが、前半早々に迎えた大ピンチを日本が凌いだ場面を韓国メディアが伝えている。

 大分スポーツ公園総合競技場への移動で渋滞に捕まり、両チームともキックオフ1時間前を切って会場入りすることになったこの一戦に、日本は先月のウルグアイ戦(4-3)メンバーをベースとした4-2-3-1システムで臨んだ。

 しかし、前半11分にいきなり大ピンチを迎えることになった。ベネズエラに攻め込まれた場面で自陣ボックス付近の浮き球をDF佐々木翔(サンフレッチェ広島)がヘディングでGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)へバックパスを試みる。しかし、短くなったボールを相手選手に拾われ、GKとの1対1でシュートを打たれた。無人のゴールへボールが転がるなか、全力疾走で戻ったDF冨安健洋(シント=トロイデン)がスライディングでクリアし、間一髪のところで危機を逃れた。

 韓国メディア「MTスターニュース」は、このワンシーンについて「前半11分にゴール前でミスから失点を喫するところだった。しかし、ボールがゴールラインを割る前に劇的なクリアで逃れた」と報じている。

 その後、前半39分、右サイドで得たMF中島翔哉(ポルティモネンセ)のセットプレーをDF酒井宏樹(マルセイユ)が右足のダイレクトボレーでネットに突き刺し先制点を奪うも、後半30分に献上したPKを決められ試合は1-1で終了した。

 4連勝とはならなかった日本だが、新体制で無敗はキープしている。冨安のビッグプレーがなければ、結果は異なっていた可能性もあるだけに、韓国メディアも注目を寄せていた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング