日本のGKは「変革期」 権田修一が考える“現代表GK陣”の立ち位置と進むべき道

GK権田修一【写真:Getty Images】
GK権田修一【写真:Getty Images】

日本のGKと言えば、川口、楢﨑、川島の「W杯に出た3人になると思う」

 森保一監督率いる日本代表が大分合宿3日目を行った14日、元日本代表GK川口能活(SC相模原)が現役引退会見を行った。GK権田修一(FC東京)は偉大な守護神の引退に思いを馳せつつ、「今、日本人のGKは変革期」と自身の見解を語った。

 川口は現役生活25年の中で、日本代表の一員として歴代3位タイの国際Aマッチ116試合に出場。日本が初めてワールドカップ(W杯)に出場した1998年から4大会連続でメンバイー入りした。J1、J2、J3、海外移籍、五輪、W杯を経験した百戦錬磨の守護神に、権田も憧れた一人だ。

 森保体制においては、権田、東口順昭(ガンバ大阪)、シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)が3カ月連続で招集。過去3試合では東口が初陣のコスタリカ戦(3-0)と直近のウルグアイ戦(4-3)、権田は10月のパナマ戦(3-0)でゴールマウスを守ったが、3人ともこれまで代表で確かな実績を残してきたわけではない。権田は「日本人のGKは世界的に見てまだまだストロングじゃない」と前置きしたうえで、川口を筆頭に、過去にW杯に出場した楢﨑正剛(名古屋グランパス)、川島永嗣(ストラスブール)ら偉大な先輩たちについて触れた。

「世界レベルの大会に出た選手が記録にも、記憶にも残るのは当然のこと。日本のGKと言えば、国内、世界、アジアで見てもW杯に出た3人になると思います」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング