吉田に当たった!? サウサンプトンFW、疑惑のオフサイド判定に怒り「馬鹿げている」

サウサンプトンのFWオースティン【写真:Getty Images】
サウサンプトンのFWオースティン【写真:Getty Images】

1-0で迎えた後半21分、オースティンがミドルでネットを揺らすもノーゴール判定

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは現地時間10日、プレミアリーグ第12節でワトフォードとのホームゲームに臨み、1-1のドローに終わった。後半にゴールネットを揺らすも、オフサイド判定でノーゴールとなったイングランド人FWチャーリー・オースティンが怒りを露わにしている。

 試合は前半20分、サウサンプトンが元イングランド代表FWダニー・イングスのお膳立てからイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニが決めて先制した。1-0のリードで迎えた後半21分、イングランド代表MFネイサン・レドモンドのパスからオースティンがミドルシュートでネットを揺らしたが、この時、オフサイドポジションにいた吉田がプレーに関わったとし、ノーゴール判定となった。試合は同37分に同点ゴールを決められ、サウサンプトンは1-1で引き分けている。

 オースティンは試合後、英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューで「パーフェクトなゴールで2-0になった。我々は勝てたはずなのに、審判が勝ち点2を奪った」と述べ、「馬鹿げている」とオフサイド判定に激怒した。

「彼らはマヤに当たったと言ったけど、そうではない。あれは、僕に2回当たって決まったんだ。(判定は)あり得ない」

 そして、今夏のロシア・ワールドカップでも使用され、ブンデスリーガやセリエAとなど、各国のリーグ戦でも徐々に導入されつつあるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の必要性をオースティンは主張した。

「明らかに審判は助けが必要。世界で最も観られる世界最高のプレミアリーグで我々はプレーしているんだ。今日は彼らは2ポイントを奪い去った。審判団には必要な助けを与えるべき」

 サウサンプトンは17位と低迷しているだけに、オースティンの怒りは収まらない様子だった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング