ネイマールの移籍金286億円を超える!? 「世界最高額を更新可能な5人」を海外選出

(左から)ケイン、ムバッペ、メッシ、アザール、サラー【写真:Getty Images】
(左から)ケイン、ムバッペ、メッシ、アザール、サラー【写真:Getty Images】

筆頭格はメッシ、サラーやケインにも巨費が投じられる可能性を指摘

 近年、欧州移籍市場における移籍金は高騰の一途を辿っている。その象徴的な存在が、昨夏にバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブラジル代表FWネイマールだ。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版では、「ネイマールの世界記録の移籍金を塗り替えうる5選手」との見出しで特集を組んでいる。

 ネイマールは2013年にバルセロナへ加入し、中心選手として確固たる地位を築いた。しかし、昨夏にPSGへの移籍を決断。その移籍金は2億2200万ユーロ(約286億円)と全世界に衝撃を与えた。

 一方で記事では、ネイマールのような常軌を逸した移籍劇は今後も十分に起こりうると指摘しており、その可能性を秘めた5選手を紹介している。

 まずはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。「全選手の中でまず挙げるべき選手」と前置きし、「メッシにその価値がないと断言する人物などいない」と31歳という年齢ながら、今でも世界最高額を塗り替える功績や活躍ぶりを指摘している。

 次に紹介された選手はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー。昨季は公式戦44ゴールをマークし、これはメッシを凌ぐ数字であることから、今夏に移籍していたら2億ユーロ(約258億円)の壁を突破するチャンスもあったと伝えている。

 3番目に挙げたのはトットナムのイングランド代表FWハリー・ケイン。25歳という若さながら、ロシア・ワールドカップ(W杯)で得点王に輝いたばかりか、プレミアリーグでも4年連続の20ゴール超えを果たすなど、安定した得点力が期待できることから巨費を投資する価値のある選手としている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング