メッシ&C・ロナウドのいない“最後のクラシコ”に海外脚光 「イニエスタの創造性が…」

2007年当時のイニエスタ【写真:Getty Images】
2007年当時のイニエスタ【写真:Getty Images】

11年ぶりに二大スター不在のなかで行われる「エル・クラシコ」

 バルセロナとレアル・マドリードによる「エル・クラシコ」は、現地時間28日に開催される。世界中の注目を集めるサッカー界最大の決戦だが、今回の一戦はこれまでと異なる点がある。それは、両クラブの象徴的存在だったFWリオネル・メッシ(アルゼンチン代表)とFWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)の不在だ。

【PR】グループステージもそろそろ終了。CL・EL決勝トーナメントが始まりますよ!配信見るならDAZNで!

 メッシはリーガ・エスパニョーラ第9節セビージャ戦で右腕を骨折し、全治3週間の見込みのために欠場が決定。ロナウドは9年間在籍したレアルに今夏別れを告げ、ユベントスへと活躍の場を移したため、11年ぶりに両エースの姿がない対決を迎えることになる。

 両者とも出場しない「エル・クラシコ」は2007年まで遡ることを受け、ベルギー紙「Nieuwsblad」は「ロナウドとメッシのいない最後のクラシコでは、イニエスタにまだ髪が生えていた」と、現在ヴィッセル神戸に所属するMFアンドレス・イニエスタ(元スペイン代表)を引き合いに、独特な表現で当時の対決を回想している。

「当時のクラシコに臨んだバルセロナは、(ふさふさした髪の毛を備えた)イニエスタの創造性が、デコやロナウジーニョとともに最前線のエトーをサポートした。アンリは90分間ベンチを温めることになり、最終ラインにはプジョルとマルケスが立ちはだかっていた」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング