「オンリーワンのチーム」 梅崎司、“湘南スタイル”に魅せられた男が手にした充実感

湘南ベルマーレMF梅崎【写真:荒川祐史】
湘南ベルマーレMF梅崎【写真:荒川祐史】

覚悟の移籍を経て1年目でタイトル獲得「格別なものがありました」

 湘南ベルマーレの元日本代表MF梅崎司は、27日のルヴァンカップ決勝でキャプテンマークをつけて後半32分までプレーし、1-0での大会初優勝に貢献した。昨季まで過ごした浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアムでタイトルを獲得した梅崎は「(湘南は)Jリーグでオンリーワンのチームだと思っている」と、充実感のある笑顔で振り返った。

 グループステージから多くの選手を入れ替えながら戦ってきた湘南にあって、決勝まで含めた13試合のうち梅崎はこれが11試合目の出場でチーム最多タイだった。スタメンのフィールドプレーヤーで唯一30歳を超えた選手であり、浦和時代には何度もタイトルの懸かった試合を経験した。そういったことがキャプテンマークにつながったのか、試合開始直後から背中でチームを引っ張るような猛プレスとドリブル突破を見せた。

 惜しむらくは抜け出して放ったシュート2本がいずれもゴールにつながらず、「自分のパフォーマンスには納得のいっていないところが多くて」という言葉を残したことだが、存在感は十分すぎるほどだった。若手も多い構成のチームメイトに、梅崎は頼もしさを感じながらプレーしていたのだという。

「僕だけでなく、今日ピッチに立てなかった選手、ベンチに入れなかった選手も、ルヴァンカップは最初から皆の力があった。僕も少なからず貢献できたと思うし、皆の力で勝ち得たものだと思う。格別なものがありました。いつも通りというか、ベルマーレらしく戦わないと何も生まれない。肝が据わった若手がたくさんいて、試合ごとに成長してきて、今も成長過程。何も僕が示す必要はないと思っていたくらいです」

 梅崎は大分トリニータの下部組織から育ち、最も長く在籍したのは2008年から昨季までプレーした浦和だった。その間には、カップ戦決勝を敗者の立場で終えたことが少なくない。16年にはルヴァンカップを浦和が制したが、自身は準々決勝で膝の靭帯を損傷する大怪我を負ってピッチは遠い場所だった。昨季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制すも、優勝を決めた第2戦でピッチに立ったのは最後の数分間だった。そうした思いを積み重ねてきて、湘南での1年目で達成した優勝は梅崎の心を大きく動かしていた。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング