マンU守護神の契約延長交渉は進展せず… モウリーニョ監督、残留への「確信はない」

モウリーニョ監督はGKデ・ヘアを残留させるべきと主張【写真:Getty Images】
モウリーニョ監督はGKデ・ヘアを残留させるべきと主張【写真:Getty Images】

来夏には“ゼロ円移籍”が可能 指揮官はデ・ヘアを残留させるべきと主張

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は契約延長交渉で進展のないスペイン代表GKダビド・デ・ヘアについて、残留への「確信はない」と不安を明かした。それでも「クラブがより良くなるため、より悪くならないためにはダビドを残すのがとても重要」とその存在の大きさを主張した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。
 
 デ・ヘアの現行契約は2019年6月末で、このままいくと来夏にはフリートランスファーでの移籍が可能となる。レアル・マドリードなどへの移籍の噂が絶えないなかで、ユナイテッドは契約延長を急ぐが、いまだにサインには至っていない。

 注目を集める守護神の去就について、モウリーニョ監督は「(残留の)確信はない」と本音を明かしている。チームの守備を最後方から支える不動の存在だけに、残ってほしいというのが本音だが、監督の立場から確かなことは何も言えない状況だという。

「この問題に答えることができるのはクラブとダビド、そしてダビドの関係者だけだ。私のコメントは彼がいかに素晴らしいか、いかにマンチェスター・ユナイテッドにとって重要な存在かと、みんが知っているようなことしか言えない。クラブはより良くなるため、そしてより悪くならないためには、ダビドを残すことがとても重要だ」

 モウリーニョ監督はデ・ヘアへ全幅の信頼を寄せている。このままユナイテッドに残るのか、それとも移籍するのか。今後の動きにますます注目が集まりそうだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング