獲得金は7億円超? 日本代表MF堂安律、今冬に強豪シティ移籍の可能性を英紙報道

フローニンゲンに所属するMF堂安律【写真:Getty Images】
フローニンゲンに所属するMF堂安律【写真:Getty Images】

イングランド1部の王者シティが堂安に興味 今冬の移籍市場で獲得を検討か

 オランダ1部フローニンゲンに所属する日本代表の20歳MF堂安律に対し、昨季のプレミアリーグ王者であるマンチェスター・シティが冬の移籍市場での獲得を検討しているようだ。英紙「ザ・サン」が報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNで、エールの歴史に残る活躍を見せるフローニンヘン・堂安律の活躍を見よ!

 17年の夏にガンバ大阪からフローニンゲンに移籍した堂安は、初年度から公式戦31試合に出場。10得点4アシストの好成績を収めていた。また背番号を「7」に変更して迎えた今シーズンは、ここまで公式戦10試合1得点1アシストという結果を残しており、16日の国際親善試合ウルグアイ戦で日本代表初ゴールをマーク。フランスサッカー専門誌「フランス・フットボール」が新設した「コパ・トロフィー」で最優秀若手候補10人に選ばれるなど、大きな注目が集まっていた。

 そんな堂安に興味を示しているのがシティだ。昨季からオランダで活躍する日本人プレーメーカーに注目していたシティは、英紙「ザ・ミラー」によると今冬の移籍市場で500万ポンド(約7億2400万円)での獲得を検討しているという。フローニンゲンは堂安の売却の準備ができていないとしているが、今冬に移籍する可能性が浮上していると伝えている。

 また記事によれば、ユベントスやアトレチコ・マドリード、その他いくつかのクラブが獲得を検討していると伝えており、今冬から来夏に向けて堂安の獲得競争が起きるだろうとしている。

 先日代表初ゴールを決めた新鋭は国内で一躍脚光を浴びたが、世界的ビッグクラブからも熱視線が送られているようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング