鹿島が初のACL決勝進出! 水原三星との壮絶な打ち合いの末、2戦合計6-5で勝利

後半36分、セルジーニョがACL4戦連続ゴールで2戦合計スコアで上回る

 しかしこの逆境で燃えてこそ鹿島。後半19分、左サイドからのクロスをMFセルジーニョがすらしたところ、ファーサイドにポジショニングしたDF西大伍が巧みなトラップから渾身のボレーシュート。これが相手GKのセーブを打ち破りゴール左隅を揺らして2-3。合計スコア5-5、アウェーゴールでも水原と並ぶ状況となった。

 一進一退の状況で勝負を決めたのは、頼れるブラジル人助っ人だった。後半36分、右サイドからのスローインからゴール前にいたセルジーニョが右足を一閃。これが相手GKのニア上を打ち破る。ジーコTDが肝入りで加入を薦めた男のACL4試合連続ゴールで、大きすぎる3点目を奪った。

 これで水原は勝ち抜けにアウェーゴールから2点が必要な状況に。鹿島は巧みに時間を使い相手の心をへし折った。決勝の相手はペルセポリス(イラン)。昨年の浦和レッズに続くJリーグ勢2年連続、そしてクラブ悲願のアジア王者にあと一歩だ。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング