今、最も勢いがあるドルトムントFW 出場5戦8発の決定力を独紙称賛「並外れている」

ドルトムントFWアルカセル【写真:Getty Images】
ドルトムントFWアルカセル【写真:Getty Images】

驚異的ペースでゴールを決めるスペイン代表FWアルカセル

 ドルトムントのスペイン代表FWパコ・アルカセルは現地時間20日のリーグ第8節シュツットガルト戦(4-0)にスタメン出場して1ゴールを決めた。これで今季出場の公式戦5試合で8ゴール目をマークしており、出場全試合でゴールを決めるストライカーを地元紙「WAZ」も「この男は並外れている」と称賛している。

 今季バルセロナから加入し、リーグ戦初先発となった25歳のアルカセル。代表戦でもゴールを決めてチームに帰ってきた点取り屋は、2-0で迎えた前半25分に巧みなループシュートでネットを揺らした。

 アルカセルは驚異的なペースでゴールを量産している。リーグ戦はこれで4試合7得点。UEFAチャンピオンズリーグ第2節モナコ戦(10月3日/3-0)で初出場し、そこでも1ゴールを決めている。出場時間は合計216分にとどまるが、出場した試合全てで得点している。1得点あたりに要する時間はわずか27分間と驚異的なペースを維持している。

 地元紙「WAZ」によるシュツットガルト戦の選手評価によると、アルカセルは主将MFマルコ・ロイス、GKロマン・ビュルキ、MFアクセル・ヴィツェルと並ぶチームトップタイの「2点(1が最高評価)」が付けられた。そして、「全ての試合で得点。この男は並外れている」と驚嘆のコメントが添えられている。

 バルセロナではウルグアイ代表FWルイス・スアレスの陰に隠れていた男がドルトムントで水を得た魚のように躍動している。今、最も勢いのあるストライカーと言っても過言ではないだろう。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング