森保ジャパン3戦4発の南野拓実、23歳の“ゴールマシンぶり”に韓国メディアが注目

韓国紙はFWファン・ヒチャンがハンブルガーに移籍する要因になったと分析

 記事では、南野がこれまで多くの大会でゴールを決めてきたことを紹介。また、「ミナミノはオーストリアの絶対王者ザルツブルクでファン・ヒチャンをポジション争いで押し退け、ドイツ2部へ去る理由の一つとなった」と指摘し、韓国代表FWファン・フィチャンがハンブルガーSVへと期限付き移籍するきっかけになったと分析している。

 南野は森保体制の3試合で4ゴールと好調を維持。日本の新たなエースに名乗りを上げた男の名前は、韓国メディアにも知れ渡っているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング