堂安はウルグアイ戦の「歴史的遺産」 A代表初得点に米称賛「ワールドクラスの左足」

ウルグアイ戦でA代表初ゴールを決めたMF堂安【写真:田口有史】
ウルグアイ戦でA代表初ゴールを決めたMF堂安【写真:田口有史】

1トップの大迫+若き2列目が見事な融合を見せて4点を奪取 最も評価されたのは…

 森保一監督率いる日本代表は16日、国際親善試合ウルグアイ戦で壮絶な打ち合いの末に4-3で勝利した。国際Aマッチ通算3試合目で代表初ゴールを決めたMF堂安律(フローニンゲン)は、南米の強豪を撃破した立役者の一人となったが、米メディアは「この試合最大の“歴史的遺産”」「ワールドクラスの左足」と称賛している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 右サイドアタッカーでスタメン出場した堂安は、前半からチャンスメークとハードワークで存在感を放った。そして、チャンスが巡ってきたのは2-2で迎えた後半14分だった。

 日本の右CKから相手エースFWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)にボールを拾われ、鋭いカウンターの危機に直面。しかし、ここでボールをカットした堂安は、すぐさま中央のDF酒井宏樹(マルセイユ)に横パス。直後にゴール前へダッシュすると、狭い守備網を縫うように駆け上がり、酒井からのリターンパスを受ける。相手の主将DFディエゴ・ゴディン(アトレチコ・マドリード)と対峙するも、左足アウトサイドでボールの軌道を変える華麗なフェイントで翻弄。直後に左足を素早く振り抜き、代表初ゴールをマークした。

 その後、後半21分にはMF南野拓実(ザルツブルク)がこの日2点目を奪取。同30分に1点を返されたものの、最終的に4-3で逃げ切った。米サッカー情報サイト「The 18」は「日本の有望な攻撃陣は世界ランク5位のウルグアイの守備を打ち破って将来性を誇示した。ゴディン、コアテス、トレイラ、ベンタンクールにとっては悪夢の夜だった」とウルグアイ代表のボランチとセンターバックを苦しめるプレーだったことを伝えた。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング