ウルグアイ撃破の日本、なぜ交代6枠中2人のみ起用? 森保監督の言葉から浮かぶ理由

日本代表を率いる森保一監督【写真:田口有史】
日本代表を率いる森保一監督【写真:田口有史】

初陣コスタリカ戦で6人、パナマ戦で4人交代 ウルグアイ戦ではわずか2人

 森保一監督率いる日本代表は、16日のウルグアイ戦で4-3と勝利し、新体制3連勝を飾った。FIFAランキング54位の日本にとって、同5位の格上を撃破する一戦となったが、森保監督は交代6枠中2人のみを起用。なぜ新体制で最少の交代人数となったのか。指揮官の試合後コメントから、その理由が浮かび上がった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 初陣となった9月のコスタリカ戦(3-0)では、直前のチリ戦が北海道地震の影響で中止となった影響もあり、後半23分から徐々に交代カードを切って6枠をフル活用。12日のパナマ戦(3-0)でも後半21分から投入し、最終的に4人を途中出場させた。

 新体制発足直後とあって様々な組み合わせをチェックしており、ロシア・ワールドカップ(W杯)主力組6人を招集した10月シリーズでも事情は同じだ。世代間の融合と化学反応がテーマとなっており、指揮官はメンバーを入れ替えながら様々なテストを行っている。

 そうして迎えたウルグアイ戦では、GK東口順昭(ガンバ大阪)、DF長友佑都(ガラタサライ)・吉田麻也(サウサンプトン)・三浦弦太(G大阪)・酒井宏樹(マルセイユ)、MF柴崎岳(ヘタフェ)・遠藤航(シント=トロイデン)・中島翔哉(ポルティモネンセ)・南野拓実(ザルツブルク)・堂安律(フローニンゲン)、FW大迫勇也(ブレーメン)が先発した。

 前半10分に南野が先制ゴールを決めるも、同28分に被弾。1-1で迎えた同36分に大迫が勝ち越しゴールを奪ったが、後半12分に同点弾を献上して振り出しに戻った。しかし同14分に堂安が鮮やかな一撃を流し込むと、同21分には南野が2点目を叩き込む。その後1点返されたが、4-3で逃げ切った日本が勝利を収めている。

 ウルグアイがハーフタイムに2枚替えを敢行し、後半19分に3枚目のカードを切った一方、森保監督は後半29分まで静観。ようやく動いたと思えば、柴崎に代えてベテランMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)を投入し、終了間際の同42分に中島を下げてMF原口元気(ハノーファー)を起用した。その後は動かず、最終的に2人のみの交代で試合は終了している。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング