日本代表で異彩放つ「南野ターン」 “3戦連続弾”を呼び込んだ自画自賛の超絶スキル

日本代表MF南野拓実【写真:田口有史】
日本代表MF南野拓実【写真:田口有史】

パナマ戦に続き、ウルグアイ戦でも先制弾の南野 切れ味鋭いターンで相手翻弄

 今、日本代表で最も勢いのある選手がMF南野拓実(ザルツブルク)だ。森保一監督の就任から3戦連続ゴールと活躍し、16日の国際親善試合ウルグアイ戦(4-3)では2ゴールを叩き込んでいる。そのなかで、ひと際異彩を放っているプレーが切れ味鋭いターンだ。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 12日のパナマ戦では、0-0で迎えた前半42分にMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)からの縦パスを左足で受けると同時に、相手との間に体を入れてターン。そのまま相手ペナルティーエリア内に侵入し、左足で先制ゴールを奪った。

 さらにウルグアイ戦では、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)からの縦パスに反応。相手ゴールに背中を向けたまま、右足インサイドでトラップすると同時に重心をずらして素早いターンを見せる。ワントラップで相手をかわし、ドリブルを入れてもう一人も翻弄すると右足で先制ゴールを決めた。

 パナマ戦とウルグアイ戦の先制弾は、いずれも南野特有の低重心ターンから生まれている。相手が大柄であればあるほど効果的で、出足の鋭い南野が優位な状況に持ち込みやすいプレーだ。また、このターンが一層脅威なのは、絶妙なポジションを取っている点だ。

「監督は、前を向くプレーをチームのためにできる選手を必要としていると思う。そういうところは自分の長所でもあるので、そのために呼ばれているところもある」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング