元世界王者のドイツ代表レーブ監督、オランダ戦完敗に嘆き節 「自信が不足している」

ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督【写真:Getty Images】
ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督【写真:Getty Images】

ロシアW杯出場を逃したオランダにネーションズリーグで0-3と完敗

 2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)王者ドイツは、現地時間13日に行われたUEFAネーションズリーグ第3節でオランダに0-3で完敗した。チームを率いるヨアヒム・レーブ監督は「自信が不足している」と振り返った。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 敵地に乗り込んでの一戦。ドイツは今夏のロシアW杯に出場できなかったオランダ相手に力の差を見せつけられた。

 前半30分にリバプールのDFフィルジル・ファン・ダイクにヘディングシュートを決められて失点すると、試合終盤の後半41分とアディショナルタイム3分にそれぞれリヨンFWメンフィス・デパイ、リバプールMFジョルジニオ・ワイナルドゥムにゴールを許した。

 ドイツはシュートを21本放ちながら、枠内に飛んだのはわずかに4本だけ。ボールポゼッション率(59.5%)でも相手を上回ったが、3失点で完敗を喫した。レーブ監督はロシアW杯でも惨敗したチームに「自信が不足している」と語る。

「チャンスを作れなかったというわけではない。失点するまではプレーはOKだったが、チャンスを生かすことができなかった」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング