まるで「背中に目」の妙技! 神戸MFイニエスタ、華麗ヒールパスを海外絶賛「美しい」

3試合ぶりにピッチに立ったヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】
3試合ぶりにピッチに立ったヴィッセル神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】

公式戦3試合ぶりにピッチに立ったイニエスタ、相手3人に囲まれながらも圧巻スキル披露

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが3試合ぶりにピッチに立った。6日のJ1リーグ第29節V・ファーレン長崎戦(1-1)戦でベンチスタートとなり、後半途中から出場。相手3人に囲まれながらも華麗なヒールパスを通すと、海外メディアから「背中に目」「美しいプレー」と絶賛されている。

 今夏、神戸に加入したイニエスタは司令塔として存在感を放ってきたが、右太腿前の付け根付近に違和感を訴えて9月23日のリーグ第27節浦和レッズ戦(0-4)から2試合連続欠場。その間、チームは今季ワーストのリーグ5連敗を喫するなど苦境に追い込まれていた。
 
 そんななかで迎えた長崎戦でベンチ入りすると、後半14分からMF郷家友太に代わって出場。淡々と、しかし正確なプレーを見せるなか、同24分には相手ペナルティーエリア手前でこぼれ球を拾い、相手3人に囲まれた。長崎ゴールに背を向けた体勢から右足のかかとで意表を突くヒールパスを繰り出し、二人の間にボールを通してMF藤田直之につなげた。

 藤田のクロスは中央で合わずゴールは生まれなかったが、復帰したイニエスタが圧巻のスキルで会場を沸かせた。海外メディアも反応し、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「背中に目があるような圧巻のプレー」と称えた一方、「美しいプレーにもかかわらず、スペイン人MFのチームは1-1ドローに終わった」と結果を報じた。また、ペルーメディア「リベロ」は「センセーショナル。レベルの高さを示した」とイニエスタのプレーを称賛している。

 怪我明けで本調子とは言えないイニエスタだが、すぐさま観客を魅了するテクニックを見せつけるあたりは、さすがの一言。チームの連敗がストップしたなか、ここからチームを牽引するプレーを見せてくれそうだ。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング