「ムバッペを説得して!」 PSG19歳神童の“チェルシー食事会”参加写真にファン熱狂

(左から)D・ルイス、アザール、ムバッペ、カンテ、ウィリアン【写真:Getty Images】
(左から)D・ルイス、アザール、ムバッペ、カンテ、ウィリアン【写真:Getty Images】

FIFA年間表彰式後、ロンドン市内のレストランで同席

 パリ・サンジェルマンに所属する19歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、現地時間24日にロンドンで行われた国際サッカー連盟(FIFA)の年間表彰式「ザ・ベスト FIFAフットボールアウォーズ2018」に出席した。

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でゴールを決め、大会史上2番目の若さでW杯決勝で得点した選手となり、さらに世界王者となったムバッペは、「FIFA/FIFPro(国際プロサッカー選手会)ワールドイレブン」の一人に選出された。

「FIFA/FIFProワールドイレブン」にはそのほか、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ、ベルギー代表MFエデン・アザールも選出され、チェルシー同僚のブラジル代表DFダビド・ルイスは授賞式後に自身が共同オーナーを務めるレストラン「Babbo Restaurant」で食事会をしたと、インスタグラムに写真を投稿した。

 すると、その写真にはカンテ、アザールはもちろんのこと、お店の共同オーナーを務めるチームメイトのブラジル代表MFウィリアン、チェルシーのレジェンドで現在はアメリカ2部相当のユナイテッド・サッカー・リーグ(USL)に所属するフェニックス・ライジングでプレーしている元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバらとともに、ムバッペも写っていた。

 これにはチェルシーのファンも歓喜。コメント欄には「ムバッペがチェルシーに?」「ムバッペを説得して」「チェルシーにようこそ、ムバッペ」「絶対にスタンフォード・ブリッジへ」「実現してほしい…」などの声が殺到した。チェルシー勢のなかに、19歳神童FWが加わった貴重なショットは、近い将来の光景を予言するものとなるのだろうか。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング