浦和DF槙野、日本初の”vsポドルスキ”へ 元同僚の影響力を警戒「5万人をひと言で…」

(左から)ヴィッセル神戸FWポドルスキ、浦和レッズDF槙野【写真:Getty Images】
(左から)ヴィッセル神戸FWポドルスキ、浦和レッズDF槙野【写真:Getty Images】

ケルン時代にともにプレーした元ドイツ代表FWと6度目の対戦で初マッチアップか

 浦和レッズの日本代表DF槙野智章は、23日のJ1第27節で対戦するヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキについて、ブンデスリーガのケルン時代に同僚としてプレーした時の「5万人をひと言で静めた」という思い出とともに優れた人間性を語った。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 ポドルスキは昨季から神戸でプレーしているものの、浦和と神戸が対戦したこれまで5回の公式戦では一度もマッチアップが実現していない。槙野かポドルスキのどちらかが負傷欠場し、ルヴァンカップでの対戦は槙野の日本代表選出と重なった。それだけに槙野は「ピッチでは対戦していないのに、連絡を取るしプライベートでは会っているという不思議な関係でしたけど、順調に行けばマッチアップできる。楽しみにしています」と意気込んだ。

 ケルンでは2011年に1年間一緒にプレーしたが、槙野は「彼が持つ左足もそうですし、プレーヤーとして素晴らしいのは誰もが知っていると思います」と話し、元同僚だからこそ分かるポドルスキの人間性について、エピソードを交えながら語った。

「僕が素晴らしいなと思ったのは、彼がひと言でケルンの大サポーター5万人を静まり返らせたんですよ。大観衆がワッと押し寄せた時に、彼が『止まれ』と手を出しただけで全員が止まったんですよね。それくらい、彼のひと声やジェスチャーでいろいろな人の心を動かせるんです」

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング