ヤングなでしこ20歳MF、韓国代表イ・ミナら同僚三人の“私服お見舞いショット”投稿

U-20女子W杯優勝メンバーのMF福田ゆい【写真:Getty Images】
U-20女子W杯優勝メンバーのMF福田ゆい【写真:Getty Images】

U-20W杯で優勝に貢献のINAC福田、全治6カ月の負傷で入院のなか同僚たちが激励

 “ヤングなでしこ”の愛称で知られるU-20日本女子代表は8月のU-20女子フランス・ワールドカップで初優勝を飾った。そのメンバーとして参戦していたINAC神戸レオネッサのMF福田ゆいは、帰国後に全治6カ月の負傷で入院しているが、連日同僚がお見舞い。韓国代表MFイ・ミナらが訪れた写真を公式ツイッターに投稿している。

【PR】プレー集やゴールショー、国内外サッカーのトレンドを『DAZN』で確認しよう!

 ヤングなでしこはU-20フランスW杯で快進撃を見せ、決勝でスペインに3-1と撃破して日本初の優勝を成し遂げた。大会で2試合に出場していた福田だがフランスで負傷し、左膝関節外側半月板損傷で全治6カ月と診断された。福田は18日にツイッターを更新し、FW京川舞、MF杉田妃和が病室に訪れた様子を報告。そして20日に再び写真をアップし、同僚三人のお見舞いショットを公開した。

「今日はれいさん、みなさん、みやびさんが来てくれました」と記した福田。INACで共闘しているGK武仲麗依、DF守屋都弥、MFイ・ミナが病室を訪れ、差し入れを受け取ったという。さらに昨季までINACに所属していたDF竹村美咲が写っており、「みさきさんとは同部屋です」と綴っている。竹村も公式ツイッターで「ちょっとした手術をする為に入院したらまさかの同部屋さん いっぱいお世話するねー笑」と明かしており、偶然の同部屋となったようだ。

 福田はツイッター上に3枚の写真をアップ。竹村がベッド上に座るなか、私服姿の武仲、守屋、イ・ミナが笑顔を浮かべたショットに加え、本や飲み物などの差し入れも投稿。「たくさんありがとうございます」と感謝の意を示した。

 入院生活では心細さも生まれるものだが、竹村と偶然の同部屋に福田は「たくさんお世話になります」とコメント。退院の日まで互いに支え合いながらの生活になりそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング