「DFを金縛り」 レアルDFマルセロの“6秒間の奇跡”が反響拡大「彼の左足に酔いしれる」

レアル・マドリードのDFマルセロ【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのDFマルセロ【写真:Getty Images】

リーグ第4節ビルバオ戦でスペイン代表スサエタを華麗な連続足技で翻弄

 レアル・マドリードのブラジル代表DFマルセロは、現地時間15日のリーガ・エスパニョーラ第4節のアスレティック・ビルバオ戦(1-1)で、マーカーを翻弄する華麗な足技を披露。反響はいまだ止まず、「彼を守る手段はない」「DFを金縛りにするサーカス」と驚きの声が上がり続けている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 リーグ開幕3連勝のレアルは前半32分、ビルバオに先制を許して1点のビハインドを背負った。敵地で苦しい展開を強いられるなか、同42分過ぎにスタジアムの雰囲気を変えたのがマルセロだった。

 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが自陣左サイドのタッチライン際で浮き球の縦パスをマルセロに供給。すぐさまビルバオの元スペイン代表MFマルケル・スサエタが左後方から猛然とプレッシャーをかけにきた。すると、マルセロはラモスのパスを左足でトラップして高く浮かせスサエタの頭上を突破。さらにバウンドしたボールを頭でコントロールし、今度は左足に吸い付くようなトラップからくるりと反転して、スペイン代表経験者のベテランMFを手玉に取った。

 スペイン紙「AS」は「マルセロのクレイジーなコントロール:ネット上では歴代ベストの一つの声」と取り上げ、オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」も「マルセロが再び魅せた:6秒間で二つの凄技」と伝えていたが、反響は広がり続けている。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング