浦和にアクシデント “ウルトラマン”ファブリシオが開始5分に無念の負傷で担架搬送

浦和のブラジル人FWファブリシオ【写真:Getty Images】
浦和のブラジル人FWファブリシオ【写真:Getty Images】

懸命のボールを追いかけた際にピッチに倒れ込み、開始早々にピッチを去ることに

 浦和レッズのブラジル人FWファブリシオが、1日のJ1リーグ第25節のセレッソ大阪戦で開始5分での負傷によりプレー続行不可能のアクシデントに見舞われた。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 雷雨の影響で予定よりも30分遅く埼玉スタジアムでキックオフされたゲームは前半4分、浦和の攻撃場面で右サイドのMF武藤雄樹から対角線のクロスが入り、ファブリシオが追いかけた。ゴールライン際から中央に折り返そうと懸命に走ったプレーは、インプレーにできなかったが、そのままピッチ外にファブリシオが倒れ込んだ。

 様子を見に行ったFW興梠慎三は頭上で「×」のマークを提示。ファブリシオは一度ピッチに戻ったものの、すぐに倒れ込んで担架で運び出され、FW李忠成と無念の負傷交代となった。7月の浦和加入以降、公式戦9試合7ゴールで得点後の“ウルトラマン・パフォーマンス”でも話題を呼んでいるストライカーの離脱は、浦和にとって痛いアクシデントになった。

 浦和はこれで負傷離脱中のオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウト、元スロベニア代表FWズラタンに続き、3人目となる外国人アタッカーの負傷離脱となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング