「めちゃくちゃ痛くて…」 J1初得点の17歳久保、イニエスタら大物助っ人のプレーに驚き

(左から)イニエスタ、久保建英、ポドルスキ【写真:Getty Images】
(左から)イニエスタ、久保建英、ポドルスキ【写真:Getty Images】

移籍後初先発でJ1初ゴール、ポドルスキのシュートに「びっくりしました」

 横浜F・マリノスの17歳MF久保建英は26日、J1リーグ第24節ヴィッセル神戸戦でスタメン出場すると、後半11分にグラウンダーのクロスをワントラップして左足を振り抜き、J1リーグ初ゴールをマークした。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 後半11分、中盤でボールを持った久保はノールックパスで右サイドに展開。DF松原健が持ち上がって中央でフリーになった久保へ戻す。このボールをワントラップから左足を振り抜くと、強烈な一撃がゴール右隅へと突き刺さる。チームにとって貴重な先制点となり、敵地での2-0快勝に貢献した。

「難しい時期に自分を受け入れてくれた横浜FMのファン、サポーターの皆さま、そしてコーチ陣をはじめ、監督やチームメイトにこうやってゴールという形で感謝を示せて良かったかなと思います」

 試合後のインタビューで久保は、チームへの感謝を口にし、ゴールを奪うことで勝利に導くことができたことに安堵感を示した。一方で、相手チームの元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキら大物助っ人についても言及している。

「試合が終わったので言いますけど、イニエスタ選手やポドルスキ選手、ウェリントン選手は外国特有の強さを持っていたりだとか、間合いがすごかったりだとか、自分一回シュート当たっちゃったんですけど、シュートめちゃくちゃ痛くて、ポドルスキ選手にびっくりしました」

 世界最高峰の舞台で戦ってきたビッグプレーヤーの放つ存在感に驚かされた心境を明かした。久保にとってはJ1初ゴールが何よりの収穫だが、ワールドクラスの選手たちとマッチアップできたことも、大きな財産となるに違いない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング