元マンC監督がリバプールのプレミア優勝を確信 「今まで見たことがないような信念」

昨季はリーグ4位に終わったリバプールだが、CLでは11年ぶりに決勝進出を果たした【写真:Getty Images】
昨季はリーグ4位に終わったリバプールだが、CLでは11年ぶりに決勝進出を果たした【写真:Getty Images】

元イングランド代表DFピアース氏がリバプールを推す理由は…「彼らはハングリーだ」

 ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールは、昨季プレミアリーグで首位マンチェスター・シティと勝ち点25差の4位に終わった。また、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では11年ぶりに決勝進出を果たしたが、レアル・マドリードに敗れてあと一歩で優勝を逃した。元イングランド代表DFでかつてマンチェスター・シティを率いたスチュアート・ピアース氏は、その悔しさがリバプールの糧になると示し、今季のリーグ優勝の一角に推した。英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が伝えている。

ピアース氏はリバプールをリーグ優勝の一角に推した【写真:Getty Images】
ピアース氏はリバプールをリーグ優勝の一角に推した【写真:Getty Images】

「私個人としては、今季はリバプールが優勝すると思う。おそらく、マンチェスター・シティとリバプールの優勝争いとなるだろうが、リバプールが上回る可能性がある」

 こう語ったのは、英衛星放送「スカイ・スポーツ」のテレビ番組「The Debate」に出演したピアース氏だった。

 現役時代に1シーズンをシティで過ごし、監督として同クラブを2シーズンにわたって指揮。それでも、ピアース氏はあえてライバルを優勝候補に挙げる理由をこう説明した。

「私は昨季の終わりから、これまで見たことなかったような信念をリバプールに見ている。しかも、彼らは今ハングリーだ。CL決勝で敗れたこともだし、あんな負け方をして傷ついている。プレミアリーグでも勝てずに、彼らは(勝利に)飢えている。何年ぶりかのタイトルを追っていて、そのハングリー精神が彼らに限界を越えさせてくれるのではないかと考えている」

 ついに始まった新シーズン。リバプールは開幕から無失点で2連勝し、好スタートを切っている。果たして、ピアース氏の読み通り、昨季の悔しさをバネに29年ぶりのリーグタイトルを勝ち獲れるのか。レッズ(リパプールの愛称)が、悲願のリーグ制覇へとひた走る。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング