ザッケローニ元日本代表監督、C・ロナウドの苦戦を予言 「プラティニでさえ…」

(左)UAE代表のザッケローニ監督と(右)ユベントスのC・ロナウド【写真:Getty Images】
(左)UAE代表のザッケローニ監督と(右)ユベントスのC・ロナウド【写真:Getty Images】

キャリア初のセリエA参戦も、“守備の国”のスタイルに手を焼くと否定的な見解

 2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で日本代表を率い、現在はUAE代表監督を務めるアルベルト・ザッケローニ氏が、イタリア紙「イル・マッティーノ」のインタビューでポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがセリエAで苦戦すると予言している。

 ロナウドは昨季までスペイン1部レアル・マドリードに9シーズン所属し、公式戦438試合で450ゴールという衝撃的な成績を残した。今夏にイタリア王者ユベントスへ電撃移籍を果たしたが、ザッケローニ氏は活躍を期待する予想には否定的な見解を示している。

「彼はセリエAのピッチでいくつかの問題に直面することになるだろう。初年度は、(ミシェル・)プラティニでさえ思うようにプレーできなかった。彼はスペインで決めていたのと同じようなペースでゴールを決めることはできないだろうと思っている」

 ザッケローニ氏は、“守備の国”と呼ばれるイタリアのピッチはスペインと違うと、かつてユベントスで活躍した元フランス代表MFの“将軍”ことプラティニ氏を例に挙げて主張している。そして、「ナポリもロナウドを獲得したようなものだ」と、“ストップ・ザ・ユベントス”の最右翼と見られるライバルにも言及した。

「ナポリにとってのロナウドは、カルロ・アンチェロッティ(新監督)だ。彼はプレミアリーグで指揮をするチャンスもあったのにかかわらず、デ・ラウレンティス(ナポリのオーナー)のプロジェクトに参加した」

 イタリアで“北の3強”と呼ばれるユベントス、インテル、ACミランの全チームで指揮を執ったザッケローニ氏は、アンチェロッティ監督を確保したナポリを高く評価している。元日本代表監督の予言通り、ロナウドは初のセリエAで苦境を迎えるのだろうか。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング